毎日の陶器、クラフトセラミック、ガラス製品OEM / ODM工場に従事している10年間のプロ
言語

セラミック産業の障壁の分析

2021/11/14

国内外の市場での高品質の製品に対する需要の増加に伴い、中国の毎日の使用陶磁器業界での競争は、主に製品品質、ブランド、およびチャネル建設に反映されます。今日では、毎日の用途のセラミックス業界は、クラスタリングの方向に向かってますます発展しており、集中開発は常に強化されています。それは技術、生産、ブランドの建物、その他の側面で重要な利点を持っています。


1.資本規模の障壁

コストの上昇や原材料価格などの有害な要因の影響下では、企業は大規模な生産を持ち、激しい市場競争の上の利点を維持したい場合にはコストを削減しなければなりません。ある規模では、大量の時間と人間の資源の入力が必要であり、そして対応する効果は短期間で見られない。企業の全体的な競争力は限られているので、それは突然市場に足場を持つことはできません。

生産への技術的な障壁

毎日の使用セラミック製品と人々の人生には、厳格な技術仕様や規格を開発するための各場所、製品外観品質、吸水性、熱安定性などの厳格な厳密な要件があります。したがって、企業は市場での競争を確実にするために、プロセスの技術を常に改善する必要があります。

3.才能の障壁

この業界の製品の生産は高度な近代的な機器だけでなく、経験豊富で革新的な才能も必要です。

環境的な障壁

一方では、国家の省エネと環境保護方針は、一方で低消費電力でローエンドの生産ラインの建設を制限し、一部の生産ラインの変革とアップグレードを促進し、さらに進入を改善するために陶磁器産業のしきい値