毎日の陶器、クラフトセラミック、ガラス製品OEM / ODM工場に従事している10年間のプロ
言語

緑の省エネは陶磁器の生産の動向となっています

2021/11/10

近年、中国の陶磁器産業は急速に発展しました。今、中国は世界で本物の陶芸生産と消費国となっています。中国で生産された日常使用セラミックスの成果は世界の約70%を占めており、そして陶磁器産業も世界建築材料産業において重要な役割を果たしています。不動産業界の上昇に伴い、セラミックの需要も着実に増加しています。同時に、製品の均質な均質な競争、比較的大きな消費量、革新的な科学的および技術的実績、原材料価格の上昇、原材料価格の上昇、原材料価格の上昇、原材料価格の上昇、原材料価格の上昇など、陶磁器業界の健全な発展を制限する多くの問題もあります。不動産市場などの


今日、中国は産業省エネルギーとグリーン開発を深く推進し、包括的な製造システムを包括的に形成し、生産エネルギーの消費量をさらに削減するために、さまざまな産業や地域でグリーンファクトリー、グリーン工業団地、グリーン製造技術機器を包括的に構築しました。処理効率を向上させながらリソース。セラミック技術が完全ではない場合、製品のパターンは少なく、複雑さは高くない。人々はしばしば製品の品質に注意を払い、装飾の問題とともに夢中にされません。時代の発展に伴い、人々は自分の環境や国でもっとユニークで創造的なドレスアップを望みます。セラミックデザイナーは、消費者のニーズを満たすために、異なる色やスタイルの独自のニーズやデザイン製品に従って感情を表現できます。

産業革命以来、中国は常にグリーン環境保護の概念を主張しました。伝統的な産業の代表として、陶磁器産業は「3つの高」のタイトルを与えられており、それは深刻な汚染と効率の低い問題を抱えています。したがって、生産やライフスタイルのグリーン変換、4つの減少と4つの増加、加速されたグリーン開発の4つの減少、加速された「3つの高速化」を深くし、厳密に調整され、厳密に調整された程度の結果を達成しました。プロジェクト省エネルギー、環境保護、グリーン、低炭素は陶磁器産業の開発傾向と動向となりました。清浄化業者の生産によって省エネおよび環境保護技術を提供することは、国際産業競争の重要な内容となっています。将来の市場でさまざまな産業の需要を刺激し、関連産業の開発を推進するために。